07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-30 (Sat)
こんにちは、りんごです。

今日も家族で病院でした。
いつもの皮下点滴と、お耳を診ていただきました。
カラーをつけているので お耳掃除ができず、痒くなっているのではないかと
心配だったのですが、それほど汚れてはいないとのことで安心しました。
が、お胸にニキビのようなものができていると。。。
早くお風呂に入れて きれいにしてあげたいです。
(まだオッケーでていません。。。)

いよいよ明日 退院後初の採血です。
待合室


ここからは入院当日の続きです。

念のために朝イチで受診をした きなこですが、待合室でも元気にしていました。
診察でも、聴診、検温、身体チェックいずれも問題なしでした。
一応持っていった便の検査も、大きな問題はありませんでした。
『なんだ、やっぱり気にし過ぎだったんだ』
そう安心しました。

先生からは、採血、レントゲン、ウイルス検査を提案されました。
あらゆる可能性を考えた場合に必要と思われる検査です。
『元気だし、そんなにしなくても大丈夫かな』
そう考えた私は、健康チェックのつもりで最低限の採血をお願いしました。

結果がでるまで一時間半くらいかかるため、お茶でも飲んで待つことに。
全く心配していませんでした。
当の きなこが元気でしたから。
ご飯も催促するくらいでしたから。。。

一時間くらいたった頃、病院の先生から電話が かかってきました。
「結果でたんですが、肝臓の値がかなり高いので、詳しい検査を追加しませんか。
   それから、血液が透明なはずなのに黄色いんです。黄疸があるかもしれません。」
(血液の上澄み液のようなものが、通常透明なはずなのに、黄色かったのです)
追加検査をお願いしました。

一気に目の前が真っ暗になりました。
『肝臓?かなり高いってどのくらい?黄疸?なにそれ?きな、元気じゃん』
わけがわかりませんでした。
追加検査を待つ間、肝機能障害や黄疸について調べましたが、こわいことしか
書いてありません。

「なんにもなくて よかったね、帰ってすぐにご飯だね」
そう言って帰るはずだったのに。。。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
いつもご訪問ありがとうございます
ブログの励みになっています
併せて ぽち もいただけると、とてもうれしいです
スポンサーサイト
| 病院 | COM(4) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。