05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-29 (Fri)
こんにちは、りんごです。

今日は、家族みんなで病院に行きました。
奥の処置室で皮下点滴をしてもらった きなこですが、今日も
鳴くことなく、とても良い子だったようです。
次回の採血は日曜日になりました。
お注射


きなこの容体と飼い主の気持ちが落ち着いてきたこともあり、
今日から入院当日のことを振り返ろうと思います。

当日の朝、ご飯を食べる時間がくる前に きなこが嘔吐しました。
1回目はサラッとした黄色い胃液でした。
いつもの空腹時の嘔吐かなと思い片付けていると、また吐きそうな感じ。

吐こうとしても出てこない様子で、いつもより苦しそうにしていました。
少し吐いたと思ったら、横たわってぐったりしていました。
『なんか、いつもより つらそう。。。』

いつも吐いた後は、自分のベッドで寝ている きなこですが、その日は
吐いた場所で横たわって動けないといった感じだったのです。
しばらく見守っていると、ゆっくり立ち上がり歩き始めました。
そして、3回目の嘔吐です。
吐いたものは、サラッとした胃液ではなく、かなり粘着性の強いものでした。
粘着性が強過ぎて口から離れないくらいでした。

『絶対おかしい』
病院に連れていこうと思いました。
まだ開院時間には早かったので、準備をしつつ様子をみていました。

出かける頃には元気が戻り、ご飯の催促までしていました。
『元気そうだし、病院行くまでもないかな』
ふと そう思いましたが、手で持てるくらいの吐瀉物を思いだし、
念のために受診することにしたのでした。


きゅうくつ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
いつもご訪問ありがとうございます
ブログの励みになっています
併せて ぽち もいただけると、とてもうれしいです
スポンサーサイト
| 病院 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。